スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

嵐山渡月橋から広沢の池そして龍安寺へと紅葉狩り後半

「龍安寺の石庭」として知られる枯山水の方丈石庭で有名な龍安寺は、
禅宗が盛んだった室町幕府の管領、守護大名で、応仁の乱の東軍総帥でもあった細川勝元が
宝徳2年(1450年)に創建した禅寺である。衣笠山山麓に位置する龍安寺の所在地は
藤原北家の流れを汲む徳大寺実能以来、徳大寺家の山荘であったところを
細川勝元が譲り受けたものである。初代住職として妙心寺5世住持の義天玄承(玄詔)を迎えた。
龍安寺の開山は実質的にはこの義天玄承とされているが、義天自身は2世に退き、
自分の師の日峰宗舜を開山に立てている。創建当初の寺地は現在よりはるかに広く、
京福電鉄の線路の辺りまでが境内であったという。

(全文ウィキペディアより抜粋)

大沢16

大沢17

大沢18

大沢19

大沢20

大沢21

この庭には近世以来「虎の子渡しの庭」の別称がある。この庭を「虎の子渡し」という
中国の説話と結び付けるのは伝承にすぎないが、参考までに説話の概略を以下に示す。
虎は、3匹の子供がいると、そのうち1匹は必ずどう猛で、子虎だけで放っておくと、
そのどう猛な子虎が他の子虎を食ってしまうという。そこで、
母虎が3匹の虎を連れて大河を渡る時は次のようにする。
母虎はまず、どう猛な子虎を先に向こう岸に渡してから、いったん引き返す。
次に、残った2匹のうち1匹を連れて向こう岸に行くと、今度は、
どう猛な子虎だけを連れて、ふたたび元の岸に戻る。
その次に、3匹目の子虎を連れて向こう岸へ渡る。
この時点で元の岸にはどう猛な子虎1匹だけが残っているので、
母虎は最後にこれを連れて向こう岸へ渡る。つまり、
3匹の子虎を渡すのに3往復半する訳である。
龍安寺の石庭はこの様子を表したものだという訳である

(全文ウィキペディアより抜粋)

大沢22

大沢23

知足の蹲踞(つくばい) - 茶室蔵六庵の露地にある。蹲踞は茶室に入る前に
手や口を清めるための手水を張っておく石のこと。ここの蹲踞には回転折句を使って
「吾唯知足」(われ、ただ足るを知る)の4字が刻まれているが、
その意味合いから石庭の石が「一度に14個しか見ることができない」ことを
「不満に思わず満足する心を持ちなさい」という戒めでもあるといわれる。
また水を溜めておくための中央の四角い穴が
「吾唯知足」の4つの漢字の「へん」や「つくり」の「口」として共有されているのが見どころであり、
そのため一見「五・隹・疋・矢」と読める。水戸光圀の寄進と伝承されているが、
一般拝観者が見ることのできるものは複製である。

(全文ウィキペディアより抜粋)
大沢24

大沢25

大沢26

大沢27

大沢28

2014/11/29(土) | イラスト | トラックバック(0) | コメント(4)

鞍馬寺から鞍馬温泉へ

もう何年ぶりだろう、鞍馬温泉に行って来ました。
昔にマイカーは二束三文で売り払っているのでどこへ行くのも
バスと電車だ。紅葉でもない晩秋の頃京阪電鉄出町柳駅から
叡山電鉄鞍馬線に乗り込み鞍馬駅まで行く。
鞍馬寺は牛若丸(源義経)伝承説話の地、
神秘に満ちた逸話天狗伝説で有名です


KRM1.jpg

krm3.jpg

krm4.jpg

krm5.jpg

krm6.jpg

krm7.jpg

krm8.jpg

krm9.jpg

krm10.jpg

krm11.jpg

krm11-2.jpg

krm12.jpg

krm11-3.jpg

krm13.jpg

krm14.jpg

ちなみに温泉は日帰りコース¥2500 タオル、バスタオル、浴衣レンタル付、2階大広間休憩室
露店風呂コース¥1000
私は食事と入浴の得々セット¥4800を利用しました。

2014/09/28(日) | イラスト | トラックバック(0) | コメント(3)

半夏生

先月初旬平安神宮へ行って来ました。
この記事はお盆に書いてます。
いろいろ忙しくて更新が遅れてしまった。
平安神宮のご祭神は第50代桓武天皇です(以下平安神宮由緒より転記)
 桓武天皇は光仁天皇の皇子として天平9年(西暦737年)にご誕生され天応元年(西暦781年)に第50代の天皇として即位されました。英明な天皇は平城京の規模が小さく、日本の国都として適していないことを察せられ、まず山背国(山城)乙訓郡長岡に都をおうつしになり、さらに最も都に適した処として、延暦12年(西暦793年)同国葛野・愛宕両郡を選び都の造営を始められました。翌13年10月22日新京にうつられた天皇は、ここを平安京と称せられ、延暦15年はじめて大極殿において百官の拝賀を受けられたのです。
 桓武天皇は在位25年の間に律令を正し難民を救済し、文教を興しよく内政を整えられるとともに広く海外とも交易して大いに我が国の発展に努められました。以来京都は明治に至る1千余年の間、日本の国都として栄えてきたのです。天皇は延暦25年(西暦806年)に崩御せられ、御陵は柏原陵(京都市伏見区桃山)です。


HE.jpg

HE0.jpg

半夏生(はんげしょう)は雑節の1つで、半夏(烏柄杓)という薬草が生える頃。
一説に、ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が名前の通り半分白くなって化粧しているようになる頃とも。

七十二候の1つ「半夏生」(はんげしょうず)から作られた暦日で、
かつては夏至から数えて11日目とされていたが
現在では毎年7月2日頃にあたる。


HE1.jpg

HE2.jpg

泰平閣橘殿
HE3.jpg

白川沿いをそぞろ歩き
HE4.jpg

HE5.jpg

HE6.jpg

2014/08/13(水) | イラスト | トラックバック(0) | コメント(4)

比叡山ガーデンミュージアムでモネに出会った!その2

ガーデンミュウジアムで買ってきた弁当とビールでしばし休憩
定期バスで比叡山延暦寺へと向かいました。
かわい娘ちゃん達がキャピキャピと鐘を突いていました
伝教大師(最澄)さんもさぞかし嬉しいんではないんかな~^^ってか。


G2.jpg
G3.jpg
G4.jpg

G5.jpg

G6.jpg

G7.jpg

G8.jpg

G9.jpg

G10.jpg

 良い彼氏と出会えますように♥・・・・・・イケメンでお金持ちがいいな^^  
G11.jpg

2014/05/18(日) | イラスト | トラックバック(0) | コメント(0)

比叡山ガーデンミュージアムでモネに出会った!

このゴールデンウイークに比叡山ガーデンミュージアムへ行って来ました。
色とりどりの花と有名な画家の陶板画があちらこちらに飾ってあり素敵な庭園です、
比叡山から望む琵琶湖の風景にも癒され しばし日常を忘れる一日となりました。


後半は比叡山を琵琶湖方面坂本へと下り今回の目的でもありました松尾芭蕉の墓所
がある義仲寺へと向かいます。こうご期待・・・かな?^^




ei0.jpg

ei1.jpg

ei2.jpg

ei3.jpg

ei4.jpg

ei5.jpg

ei6.jpg

ei7.jpg

ei8.jpg

ei9.jpg

ei10.jpg

ei11.jpg

ei12.jpg

ei13.jpg

ei14.jpg

2014/05/11(日) | イラスト | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。