スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

琵琶湖竹生島、長浜城、長浜市内探訪

久しぶりの更新です
今回は琵琶湖の(1回目)竹生島と(2回目)長浜城・長浜市内を観光してきました。
なにせ日帰りなものであわただしく取材してきました。戦国時代、歴史の街を
充分紹介は出来ませんが、そこんとこは勘弁してね、ではどうぞ^^
つぶやき・・・・皆さんはもっと豪華なGWをすごしたんだろうな




4136a5783c0aec9080ba71ae050f5f7c[1]

長浜港→竹生島(上陸80分)→長浜港 計=2時間20分のコース 大人3070円
竹1

竹2

2階の展望デッキに席をとり、かなり古いニコンD80一眼レフデジタルカメラで準備
竹3

波しぶきをあげながら湖面を切り裂き進む。あっ!あれが竹生島
竹4

さぁ着いた
竹5

こんにちわ、こんにちわ、観光を終えた見知らぬ人にあいさつ。
竹6


竹7

竹8

竹9

かわらけ投げ、鳥居の廻りの白い砂利みたいなものすべて投げたかわらけの破片
竹10

竹11

竹12

宝厳寺(ほうごんじ)は、滋賀県長浜市の竹生島にある真言宗豊山派の寺院。
山号を巌金山(がんこんさん)と称する。本尊は弁才天(観音堂本尊は千手観音)、開基(創立者)は行基とされる。
西国三十三所観音霊場の第30番札所である。観音霊場であるとともに、弁才天信仰の聖地でもあり、
日本三大弁才天の1つにも数えられている(他の2つは厳島神社と江島神社とされている)。

竹13

竹15

竹16

竹生島流棒術だって?初耳なので調べました。
平安時代末期、流祖・難波平治光閑(大坂の人)は信仰していた竹生島弁財天より
難波流長刀術を夢想奉得した。源平合戦の折、戦いの最中に長刀の込本から
折れた柄のみの棒で戦ったことから、これを竹生島弁財天の冥恩であるとし、
竹生島流棒術と名づけた。 同系と思われる霊山竹生嶋流棒術の伝承では
竹生島弁財天(竹生嶋弁財天)の啓示を受け、難波流薙刀をもとに棒術を編み出したと伝えられている。
いずれの伝承も、竹生島弁財天の神託によって自分が創始した棒術を竹生嶋流棒術と称したと伝えられる。

ウィキペディアより抜粋
竹17

竹18

伊吹山です 標高1377m
薬草の山として有名でした。
織田信長が南蛮人から入手した薬草を栽培する菜園を伊吹山に作らせる。その菜園には、
ポルトガル人が自国で用いていた約3000千種のハーブが移植されたといわれている。
「司馬遼太郎街道をゆく」に出てくる話で伊吹のもぐさの話が面白かった。

竹19

最後にまとめ
竹生島
古来、信仰の対象となった島で、神の棲む島とも言われる。南部には都久夫須麻神社(竹生島神社)、
宝厳寺(西国三十三所三十番)がある。竹生島神社は、明治の神仏分離令に際して弁才天社から改称した。
竹生島は神仏一体の聖地であったことから、分離の際には少なからず混乱があったようである。ちなみに、
竹生島弁才天は相模の江島神社、安芸の厳島神社と並んで日本三大弁天のひとつに数えられる。

戦国期には、近江国小谷城主であった浅井久政(浅井長政の父)が、
長政への家督委譲を目論む家臣団によって一時的にこの島に幽閉され、隠居生活を強要された。
全文ウィキペヂァ抜粋


長浜城へ続く
スポンサーサイト

2015/05/06(水) | 写真 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

旧美少年

『No title』

本当にご無沙汰です。
ブログ何時みても「あけましておめでとう」ですのでずっと幕内生活かと思っていました。
今年の冬は長くて寒かったのですが春は少しだけでもう初夏になりました。
風来坊さんも島送り、いや失礼、島巡りでお元気そうでなによりです。
琵琶湖はよくドライブに出かけますが竹生島は遠方から眺望するだけで上陸はありませんが色々あるんですね。
私は5月連休は優雅どころか部屋の整理にあけくれていました。
以前の洋服を大量に処分し「ゲオ」のリサイクル店に持ち込みました。 何万もした ブランドのジャケットやGパンも100円、最高200円の買い取りなんです。
殆どの衣料はなんと1円です。
「なめとんか!」と腹で思いながら古い(まだ新品も多かったのですが)上着よサヨウナラの連休でした。


2015/05/10(日) 08:34:02 | URL | [ 編集]

風来坊

『No title』

ついついブログネタもあまり無いもので
更新が遅れました^^。そうです、もう初夏ですね
木々の緑も鮮やかになってきました。部屋の整理も
なかなかできませんね、特に本がダンボールに10箱ほどありますが貧乏性なもので捨てられずに置いてあります、いつか又再読しようと思いながらそのまま放置、整理はなかなか精神的にもつかれる作業ですね。さっぱりすっきりした部屋に初夏の風を招き入れ風鈴チリ~ン♪ごろ寝しよう
風鈴の音も涼やかに初夏の風・・・・・あっ!季語が2つか~だめだX
訪問ありがとう。

2015/05/10(日) 22:13:29 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://tetuwanatomu892.blog52.fc2.com/tb.php/136-fc3895b3
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。