スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

京都亀岡へぶらり^^

京都府亀岡市の夢コスモス園に行って来た。
JR京都駅から山陰線で亀岡へ。嵐山から嵯峨野トロッコで向う
方が風情もあると思ったけど、たぶんすごい人出だと予想して
オーソドックスな行程にした。行ってみたところさほど園の規模は
大きくなかった。以前に行った舞洲ゆり園と比較したからだろうね
最近こういった季節の花々を地域起こしに活用しているイベントが
各地にあるようですね。


亀
 
亀1

亀2

亀3

亀4

亀5

亀6

亀山城外堀の雑草をみているとこの句が・・・・・
「夏草や兵どもが夢のあと」・・・・芭蕉

戦国時代の智将・明智光秀公は、初代丹波亀山城主として丹波亀山を治め、
今日の亀岡の基礎を築きました。毎年5月3日に亀山光秀祭りがある。
「明智光秀公武者行列」が城下町周辺を練り歩きます。

亀7

亀8

帰りは嵐山で一休み
亀9
スポンサーサイト

2013/11/10(日) | イラスト | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

旧美少年

『No title』

舞洲ゆり園は「続風来坊」さんのブロク拝見してから舞洲に行きましたが駐車場待ちの大渋滞で入れず離れた所に車を置いてバスを待ちましたがこちらもすし詰め状態で途中からはとても乗れず断念しました。
テレビでも派手に報道したので休日は車から見たのですが入口から大行列でした。
ユリ園、今はどうなつてるんでしょう?
元々舞洲、夢洲は幻に終わった「大阪オリンピック」の会場で天下の大競技場がいくつも建つ予定でした。
正に「夏草や兵どもが夢のあと」です。

2013/11/12(火) 12:11:12 | URL | [ 編集]

レンダマン

『秋桜』

コスモスは漢字で書くと秋桜ですね。もう何年も前になりますが、秋晴れの日、葛城古道で吟行したことがあります。いろいろと俳句をよんだのですが、そのなかで花にちなんだ句を3つばかり紹介いたします。 九品寺の参道で石仏の背後に、赤い山茶花が咲いていて、石仏の足元に花弁が散っており   
   
   山茶花の散華で迎える薬師仏。、

さらに葛城古道を行くと コスモスが葛城山麓の道端に咲いており
   
   コスモスの揺らぐ優しき風の道

さらに行くと時は夕暮れどきになってしまい、橋本院という寺の庭園にたどりつきました。そこでおどろいたことに桜がさいておりました。通常、桜は春に咲くのですが、秋に咲く品種の桜もあるのですね。テレビのニュースなどでは狂い咲きの桜は見たことがありましたが・・・そして空を見上げると秋の月が上っておりました。花見と月見を一緒にできてこの上ない幸せで

   極上は十月桜(とがつざくら)の月見かな。

日本は春夏秋冬があり、いつの季節もいいものです。季語という言葉も改めて考えるといいもので、道元禅師はその自然を
 「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 涼しかりけり」 清少納言ちゃんは「春は曙」などと言っておりますが、さて現代人に言わせると 春、、夏、秋、冬は何が一番いいんでしょうか?ちなみに私は「春はいかなごの釘煮、夏発泡酒、秋松茸、否、さんま、ファーッ! 冬はこたつで鍋でしょうか・・・ささやかな庶民の幸せですね。


 


  

2013/11/16(土) 23:45:59 | URL | [ 編集]

風来坊

『No title』

旧美少年さんへ
そうですか、それは残念でした何だか申し訳ない気持ちになりました。
マイブログを見て行動していただくなんて影響力があるんだなあ~^^
今はどうなっているのかは承知してませんけど、私は取材の穴場を時折チェックしていますけど行って見ないことには当たり外れがありますね

冬の駅旅情を誘うパンフかな  

それぞれさすがプロの写真です。

レンダマンさんへ
私は葛城古道へは行っていませんけど、司馬遼太郎氏の街道をゆくを読んで興味を持ち竹ノ内街道は歩きました、あのあたりは何でも司馬さんの母方の田舎だったとか、子供の頃の遊びで矢じりだとかを拾って古代に思いを馳せたといった文章があった様な記憶があります、さすがに大作家になる人の子供の頃の環境は何か一味違いますね^^二上山から大和平野を見てみたい。今度機会があれば行きたい地域です。
  
  遠山にけむりたなびく里の秋

2013/11/24(日) 02:02:32 | URL | [ 編集]

レンダマン

『竹之内街道』

竹之内街道をあるかれたたのことですが、私もその街道をあるきました。今は確か国道を登り切ったところに二上山があったようなきがいたします。秋の頃でした。それでその山頂から秋の風情を眺めておりました。

二上山は確か神話に登場する山で神様同士がけんかした山ときいておりますが・・・。

その時に詠んだ句が

二上山あふる言霊万葉秋 

紅葉やかえでやその他の色とりどりの万葉で秋をかざっておりました。

2013/11/24(日) 21:29:23 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://tetuwanatomu892.blog52.fc2.com/tb.php/116-8ce89bee
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。