スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

熊野古道の市女笠(後半)・・徐福伝説


熊野21

熊野22

熊野4

熊野20

熊野6

万緑や同行二人で道半ば
熊野9
南無大師遍照金剛
南無=帰依する
遍照金剛=弘法大師の灌頂名(大日如来の別名)
灌頂=真言密教の教えを授かった時に行う儀式


新宮駅近くの徐福公園
徐福にまつわる伝説は全国にあるらしい
公園の中には徐福の石像と墓碑がある
徐福が探し求めた不老不死の薬とは,紀伊半島に自生するクスノキ科の常緑樹で
「天台烏薬」(てんだいうやく)であると言われています。
この根は腎臓・胃・リウマチなどの薬となり,また体内で増えすぎた活性酸素を消す
働きもあることがわかっています。(伝説の扉より引用)

熊野25

徐福上陸記念碑
熊野24

熊野川河口目前は熊野灘で太平洋
へぇ・・・ここに徐福が上陸したのか(詳しくはHP伝説の扉 が詳しそう^^)

熊野23
スポンサーサイト

2013/06/09(日) | イラスト | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

旧美少年

『No title』

徐福伝説といえば大昔「不老不死の薬」を求めて旅へ?
私が勘違い知れませんがその程度の知識しかありませんでした。恥ずかしながら熊野にも上陸したのも知りませんでした。
まあ伝説は伝説が「浪漫」でいいのか知れません。
ところで現実の最初の写真「市女笠」の美女はひょっとして風来坊さんの「奥様」ではないのでしょうか?

2013/06/09(日) 12:26:42 | URL | [ 編集]

風来坊

『No title』

こんにちは
残念?ながら家内ではありません^^
この方は現地の観光記念写真を撮るときに
一緒に並んでくれる人です。
背景は古道の大パネルです
今でもいるんだらうな?

2013/06/11(火) 23:18:11 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://tetuwanatomu892.blog52.fc2.com/tb.php/105-662b4520
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。