スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

奥能登随想

能登

能登2 
 
春うららかな昼下がりである。空は昨日の大雨とはうってかわって

蒼く晴れ渡り白い雲が所々に散乱している。

周囲の畑には春の陽光を浴び眼に痛いまでの菜の花が咲き誇っている

おりおり雉が畑へ降りてきて卵を生み付けるので、この付近の童達が

それを探しに丘の細い道を上がってくる。

丘の上に立って見渡すと海岸線沿いの麓に小さな村が見える。
ここは地理的にみると石川県の北西端に位置し、人口は1000人

にも満たない門前町地域の小さな寒村である。

スポンサーサイト

2010/04/02(金) | 文章 | トラックバック(0) | コメント(4)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。