スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

琵琶湖竹生島、長浜城、長浜市内探訪 後半

長浜城築城の経緯
さて後半です。全文ウィキペディアよりの抜粋です
1573年(天正元年)に羽柴秀吉(豊臣秀吉)が浅井長政攻めの功で織田信長から
浅井氏の旧領を拝領した際に当時今浜(いまはま)と呼ばれていたこの地を信長の名から
一字拝領し長浜に改名した。小谷城で使われていた資材や、あらかじめ、竹生島に密かに
隠されていた材木などを見つけ出し、それらを使用し築城を開始した。

同3・4年頃完成し入城。湖水に石垣を浸し、城内の水門から直に船の出入りができるようになっていた。
城下町は小谷城下(滋賀県長浜市湖北町伊部)からそのまま移した。そのため、現在でも城下町には
当時の面影や名残がある。秀吉が最初に築いた居城であり、秀吉の城下町経営の基礎を醸成した所でもある。
1582年(天正10年)の本能寺の変後、清洲会議で長浜の支配権を獲得したのは柴田勝家であった。
勝家の甥の柴田勝豊が長浜城の守将として入城するが、同年末には勝家と対立した秀吉に攻められ、
勝豊は城ごと降伏した。1583年(天正11年)の賤ヶ岳の戦い後は、山内一豊が入り、6年間在城した。
1586年1月18日(天正13年11月29日)には天正地震により城が全壊し、一豊の一人娘である与祢らが死亡した。

1606年(慶長11年)に内藤信成・信正が城主になるが(長浜藩)、大坂の陣後の1615年(元和元年)に内藤氏は
摂津高槻に移封され、長浜城は廃城になった。資材の大半は彦根城の築城に流用された。
彦根城の天秤櫓は、長浜城から移したものと伝えられている。その他、長浜市内にある大通寺の台所門は
長浜城の大手門を移したものと伝えられ、今でも矢尻の跡を見ることができる。
同市内にある知善院の表門は、長浜城の搦手門を移したものと伝えられている。




竹20
天守閣から長浜市内を眺望
竹21

竹22

竹23

竹24
北国街道をゆく
竹25

黒壁ガラス館
竹26

竹27

竹28

いろんなガラス製品が所狭しと飾ってます。触れて壊さないように気を使いますよ
竹29

竹30
結局切子のぐい飲みを買いました。¥高いな~
帰りに長浜浪漫ビールてレストランで地ビールを飲みウインナーソーセージで舌づつみ。うんめ~~~!
スポンサーサイト

2015/05/17(日) | イラスト | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

旧美少年

『No title』

「清洲会議」2年前にシリアス喜劇の映画にもなりました。豊臣の名が大阪城で天下を取った源ですね。
その前後、戦国武将の名の元に多くの血が流されました。
何の罪もない多くの一般庶民、女、子供も殺されました。
チャップリンの映画「独裁者」で一人殺せば殺人だが何万人殺せば「英雄」の有名なセリフがありました。
自分の手は汚さず部下に命令で全て思いのまま。
この思想が太平洋戦争に進んだのでしょね。
日本だけでなくこの歴史は世界共通です。
今の平和を、風来坊さんの長浜のガラス館の取材で有難く感謝します。

返信おくれましてすみません。
連日、連休時の部屋整理がさらにパワーアップ、すでに家庭を持つ子供の置いていったフアミコンからプレステまでの歴世のハードからソフトを連日まとめていました。
ネットの査定ではかなりの金額になり息子も「好きにしてかまへんで」の返事で新車買い換えれるのではと期待しました。

やはりネットの査定表は商売で現実は10/1位です。
若いころはオークションネットも出したのですがもうめんどくさくなり一気に処分しました。
新車には程遠くママチャリ、一台分ていどでした。

風来坊さんのブログ更新も大変でしょうが今後のご奮闘、応援しています。

2015/05/27(水) 18:17:08 | URL | [ 編集]

風来坊

『No title』

訪問ありがとう。
関西は梅雨入りしたのかな?
比較的爽やかな日が続いています
今の時期を調べますと
二十四節気、七十二候では 芒種 初候 
螳螂生{螳螂が生まれ出る」となっています
芒種は稲や麦などの種。種播きの時期。

都会に住んでいると日々の雑多な用事に追われて
季節の移り変わりなどをあまり気にしないで生活するように
なっています。近くの緑道、散歩道沿いに田んぼがあります
今度観察に行ってみようカマキリはいるのかな~?
しばし童心にもどって^^



2015/06/07(日) 22:14:37 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://tetuwanatomu892.blog52.fc2.com/tb.php/137-29b69c57
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。